セーラー服を着てた少女

Oct 03, 2017

一昨日、一日の旅に疲れされた私は電車から降りて弁当を食べてから家へのバスに乗って、しばらく家に帰れたから興奮してた。突然ある白いセーラー服を着てた少女がバスに乗った。その少女を見た瞬間に、不思議に遥かな幼少時代の思い出が浮かんだ。

その少女を初めて見たのは私が小学五年生であった時だ。その時の彼女は可愛い子供で、私は時々引かれた。その後で私は中学に入ったから、彼女を見たことが一度もなかった。だんだんその女の子のことを忘れたようになった。一年が速く過ぎて、中学の第二学年が来て、新しい学生達も来た。小学から卒業したばかりであった学生達を見てたところに、その少女を突然見つけた。その瞬間に原因なしに胸がドキドキになった。しかし、私が中学三年生になった後で、その少女は原因なしに学校から消えた。速く中学時代は終わって、私は高校生になった。その少女が突然消えたわけを疑ってた。「病気になったの?」、「転校したの?」と考えていたけど、事実が調査できなかったから諦めた。

しかし、私は高校の初めての夏休みにその少女を見た。二年間に見たことのなかった彼女はもう美しい少女になった。だけど、彼女はまだ中学三年生だったと見つけた。(それは変なのに今も原因が見つけられない。)それからその少女を見たことが毎月もあった。その少女を見ると、なんだか神秘が感じられる。「その少女はどんな物語があるの?」と時々思ってた。

それから私は高校三年生になって、その少女もやっと高校生になった。彼女は私と違ったカンプスで通学したから、見たことが少なくになった。

それは大学入学以後の彼女との初めての出会いだった。

その少女は白いセーラー服を着てた。服の表面には青いリボンのような線と六芒星があった。その少女はその服を着て、なんだか純潔で無垢そうだ。表情はちょっと憂鬱そうだ。そのきれいな顔と弱そうな体を見ると、彼女を守りたいと感じる。純白のスカートと靴下を着ていて、黒い革靴を履いてたから、アニメの中の女子高生と同じだったけど、なんだか神秘的な聖なる少女のようだった。バスから降りた時に私達の視線が合った。その目がすごく深かった印象を私の心に焼き付けた。

ああ、名前も知らぬ少女よ。私に遥か昔の純粋で朦朧な恋心を回想されてありがとう。あなたの成長を見たら、自分は少年時代の生活と夢から離れていると感じる。今度あなたを見る時に、きっと今よりも可愛い美人になるはずだね。

Tagged in :回忆